出土状態の秘密

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nagoya.areablog.jp/a19380312

旧石器時代 長野県日向林B遺跡

旧石器時代の遺跡では、同じ形態の石器が集中する地点があります。


日向林では石斧が集中して出土した。


2点とも、まるでたてられたような状態で見つかっている。


地表でこのように配置し、年を追うごとに埋没していったとは考えにくい。


人為的に穴を掘って埋めたためこうなったと考えるのが自然だろう。


なぜ埋める必要があったか。


墓があったからだろうか、食べ物の貯蔵みたいなものだったのか?


今となっては知るすべはないけれども、旧石器時代の人の行動パターンの一つとしてみていいだろう。


ちなみにこの遺跡から、他にも次の石器が出土している。


チャート製の剥片


敲石



↓これは石器の出土地点を示したもの


中央に多く出土し、その周囲を巡るように石器集中出土地点が分布しているのを提示したかったようだ。


でもこの囲み方については、調査をする人によって違いが出そう。



ちなみに遺跡は↓こんな地形でみつかった。


緩斜面というべきか、少々勾配の大きい斜面に見える。


以前、近所の道路の端にたまった土砂の中から、黒曜石の剥片を見つけたことがある。


そのすぐ近くの台地に縄文時代の遺跡があり、どうもそこから雨水、風のはたらきで、下へと移動した可能性があると、ベテランの先生から教わった。


この遺跡から出土した石器も、他の遺跡と同じく初めは地表にあったものが、時間の経過と共に埋没したと思う。


でも、埋没する過程で、雨や風により、元々の場所から移動していないと自信を持って言えるだろうか?


昨今発生している急に発生する豪雨は、小さい石器を大きく移動させる威力はありそうだが…


細かいことが気になってすみません。


歴史発掘@ 石器の盛衰 講談社 1998



旧石器時代

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11566961c.html
石器 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
旧石器?それとも縄文? 岩手県碁石遺跡
旧石器時代 北海道美利河T遺跡
旧石器時代 岩手県垰山牧場T遺跡
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
soraイメージ
注意!
非常にマニアックなブログです。
タモリ倶楽部でもやりません。
旧石器とか縄文など、教科書で習うけど、ほとんどの人は興味なく、聞き流すだけで終わると思います。遺跡に行っても、だいたいは看板があるだけ。古墳は草木が生い茂っている山にしか見えない。面白いのは、ものが出てきたほんの一瞬だけ。全国には何万と遺跡はあります。その中から独断と偏見で、「出土状態」を紹介していきます。なお専門家ではないので悪しからず。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 30 2106
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク