出土状態の秘密

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nagoya.areablog.jp/a19380312

弥生時代 水田

弥生時代は水稲農耕が始まった。

と、教えてくれる人はいるけれど、どんな状態で確認されるのか?

視たことのある人は少ないと思う。

弥生時代の水田跡は九州はもちろんのこと、青森でも見つかっている。

青森県垂柳遺跡


水田を区画しているのは今でいうあぜ道みたいなものだろう。

水田は水に浸かっているため、地表にある土とは色が異なる。

だから水田とあぜ道は色の違いで何となくわかる。


仙台市富沢遺跡



水田はひとつひとつ無造作に作られたわけではなさそうだ。

あぜ道の位置を見ると、格子状に水田を区画しているように見える。

きわめて計画的な配置である。

四国田村遺跡



遺跡を残した人たちの水田のルールだったのだろうか。

はたまたそれを指揮するのは村の首長だったか?



岡山県百間川遺跡



ちなみにこれ↓が最古の水田遺跡の一つというのだが…

福岡県野多目遺跡


水路らしいものが遺跡を縦断しているのはわかる。

しかし水田はどの位置にあるのかさっぱりわからない。

黒い部分があぜ道にあたるのか?

詳細を知る方ぜひご一報願いたい。

日本謎事典A 弥生 高倉洋彰 光文社文庫 1991


弥生時代

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11569565c.html
水田 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
弥生時代 静岡県登呂遺跡
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
soraイメージ
注意!
非情にマニアックなブログです。
タモリ倶楽部でもやりません。
旧石器とか縄文など、教科書で習うけど、ほとんどの人は興味なく、聞き流すだけで終わると思います。遺跡のあった場所に行っても、だいたいは看板があるだけ。古墳は草木が生い茂って何も面白いところはない。面白いのは遺跡からものが出てきたほんの一瞬だけ。全国には何百万と遺跡はあると思いますが、その中から独断と偏見で、土器や石器の存在が光り輝く「出土状態」を紹介していきます。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 6 843
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク