出土状態の秘密

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nagoya.areablog.jp/a19380312

旧石器時代 神奈川県田名向原

遺跡からは、建物と石器の集中出土地点の両方が確認されている。


建物跡の柱穴は円形に配置されている。
中央からは焼土が検出されており、炉のようにものを燃やす行為を行っていたらしいこともわかっている。
この点は岩手県泥這遺跡と合致する。
石器群も固まって検出されており、建物を道具の保管場所としていたらしい点も合致する。


建物内から見つかった石器


建物を取り囲むように安山岩の礫が検出されている。
礫群と石器集中地点は建物跡から離れた位置から検出されており、石器を製作する作業場と寝食を行う場とをわけていたような配置にも見える。
石器集中地点及び礫群のみ出土する例が多い旧石器時代の遺跡において、この発見は多くの情報を与えてくれた。
旧石器時代の遺跡は、明るい火山灰の地層から出土するので、墓や建物跡を確認するのが難しい。
この遺跡は、石器の配置から建物跡の場所を推測する事例として、生かされる道を得たことは間違いない。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11589637c.html
建物跡 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
弥生遺跡 静岡県登呂遺跡
縄文時代 住居の形態
古墳時代 千葉県西国吉遺跡
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
soraイメージ
注意!
非常にマニアックなブログです。
タモリ倶楽部でもやりません。
旧石器とか縄文など、教科書で習うけど、ほとんどの人は興味なく、聞き流すだけで終わると思います。遺跡に行っても、だいたいは看板があるだけ。古墳は草木が生い茂っている山にしか見えない。面白いのは、ものが出てきたほんの一瞬だけ。全国には何万と遺跡はあります。その中から独断と偏見で、「出土状態」を紹介していきます。なお専門家ではないので悪しからず。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 5 1395
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク