気まま倶楽部

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nagoya.areablog.jp/hatcho_miso

どこでもタバコを吸ってよいわけではない

昨日、駅のロータリーで、灰皿もないところで煙草を吸っている人がいました。
別に喫煙所というわけでもなく、近くに灰皿があるわけでもないのですが、特に気にする様子はありませんでした。
会社に行く途中で少し急いでいたのでちらっと見かけただけですが、お父さんくらいの年のスーツを着たサラリーマンの方でした。
親から聞く昔話のような話では、以前は駅やホームでも普通にタバコが吸えたそうですが、今はそうではありません。

路上喫煙禁止というエリアではないようですが、それでも喫煙所以外では吸うべきではないと思います。
よい年をした大人なのですから、タバコを吸うなら喫煙所に行くとか、喫煙できるカフェに入るとかできるはずです。
携帯灰皿を持っているわけでもなさそうで、こういう人が吸殻をポイ捨てするのかななんて思ってしまいます。
最近では、タバコに関して言えばどこでも吸えるというわけではなく、喫煙スペースで吸うというのがマナーかなとも思います。

こんなにも喫煙や喫煙者に対する視線がシビアになっているのに、そういうことを意に介さない人もいるのでしょう。
すべての人が自発的にルールを守ってくれれば、特別な禁止条例を作る必要もないはずです。
極端にタバコの煙を嫌う人も中にはいますが、一般的にはタバコは好き嫌いがあるという風に捉えられるものです。
深夜に大きな物音を立てるのが近所迷惑になるように、タバコも周囲の人に迷惑が掛からないように注意する必要があると思います。

喫煙するのが悪いとは言いませんが、煙やにおいが嫌いな人も要るというのはわきまえてもらいたいものです。
ルールを守るという最低限のマナーを守るのは、喫煙という行為自体ではなく、その人自身の問題だと思います。
タバコだけに限られた話ではありませんが、人に迷惑の掛かりそうなことは、遠慮や配慮という気持ちがないとトラブルのもとになります。
喫煙者も気持ちよくタバコを吸うのであれば、ちゃんと喫煙所や灰皿のあるところで吸う方がお互いのためではないでしょうか。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000097417/p11461165c.html
日々の | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
工場の排水処理で水は浄化されている。
足がむくみます
仲良しの仲間との情報交換が楽しい
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
金のシャチホコ
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 9 9569
コメント 0 7
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード