気まま倶楽部

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nagoya.areablog.jp/hatcho_miso

腐食に対する耐性を高められるめっき装置

企業がめっき装置を使う理由として、腐食があります。

そもそも物というのは、やはり耐用年数は限られています。携帯電話などは、ずっと使い続けられるものではありません。いつかは限界を迎えてしまう訳ですね。

しかしそれらの物は、実は耐用年数を長くする事自体は可能です。その1つが、上記の装置なのですね。

そもそもなぜ物をずっと使うのが難しいかというと、様々な風化などの腐食が挙げられます。鉄の棒などをイメージすると分かりやすいですが、そ
れをずっと野外に放置していれば、当然だんだんと錆びてきてしまいますね。いずれ錆びだらけになってしまい、それだけ鉄の棒の寿命も短くなる傾向があります。

全く同じ事は、他の物に対しても言えるのです。例えば携帯電話なども、常に風化などと戦っています。また住宅に用いられる部材なども、同じ事が言えるのですね。

ところがめっき装置によって金属の加工を施しますと、それらの風化要素に強くなる訳です。上記の鉄の棒の全体に対してめっき加工を施したとします。それでその棒に対して塩水をかけたところで、鉄の棒本体に対して腐食が発生する訳ではありません。全体がメッキによってガードされているので、特に問題は無いのですね。

すなわち、それがめっき装置のメリットです。加工会社によっては、できるだけ物の寿命を長くしたいと思う事もあるでしょう。その場合は、その装置の導入などを検討してみると良いですね。

ちなみに
めっき装置を購入するとなると、当然費用などは発生します。しかしお金をかけても、物の寿命を長くできるメリットは、非常に大きいのですね。十分に元を取れるケースも多いからです。多少費用が生じても、十分に価値がある装置と言えます。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000097417/p11508136c.html
ライフスタイル | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

いつもブログを見るのを楽しみにしています☆これからも楽しく読ませて頂きますね!

[ ヨシザワインクプレミアム レディースシェービング ] 2016/11/23 9:53:27 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
仏の顔も三度までというのは3回、4回のどちらなの
ヨークシャテリアを2匹飼っています
小児歯科と一般の歯科との違い
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
金のシャチホコ
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 10 9659
コメント 0 7
お気に入り 0 1

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク

キーワード