古民家 米ぬか酵素風呂徒然日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nagoya.areablog.jp/onyokutaiken

タルムードイマヌエル第36章人間と創造

タルムードイマヌエル


http://s.maho.jp/book/9102e8g4c5d60e6f/4642276001/140/ より転載
第36章 /【人間と創造】
イマヌエルは隊商と東に行って、人間と創造について説いた。
『人間が、星を観察することが出来る。そこには荘厳な安らぎと、崇高さが支配している。
大昔から秩序を持って、無限で、時間の無い変化が、日々、月々、年々、数百年、数千年、数百万年を通じて起きている。
人間は、地上に目を向けることが出来る。そこには、創造の摂理として、無時間の生成、そして存在と滅亡と、常に新しい生成への飛躍がある。
自然が、自由に放置される所は、調和の中に、偉大さ、尊厳、美を支配している。
人間が働く秩序の軌跡がある所には、不調和の小ささと、偽価と不美が生れてくる。
創造を、高慢な心で呼ぶ者は、創造を認めることはなく、
人間と、同じものとして考える。
この様な人間は、それ以上進歩することはない。その様な人々は、火を慣らし、地を支配する。
彼は、水と空気を征服する。それによって、創造が自らの上におり、その掟があることを、忘れてしまう。
探し求めるべき、真理も知恵も忘れてしまう。
人々の下で、人として平和に生きることも忘れてしまう。
彼の、ときの声は戦場にひびき、権力を通じて、力を勝ち取ろうとするだろう。
手にした力を信じて、奴隷化や、流血の為に、その力を利用した。
彼の名誉や、自由や、知識については云うだろう。しかし真実は、偽善で、強制で間違った教えである。
人は未来の顔を失い、見せ掛けの為の、悪と偽りの仮面をつけるだろう。
多くの者は、人非人に退化し、自分の世俗の日々を、無知のままに過ごすだろう。
人間の志と心は、営利と力のみに向けられ、その程度の理解でもって、自分がこの世の物事を編成し、それに従い、
その為に、自然の掟を、沢山破っていることに気付かない。
彼は、自然の掟が含まれている、永遠の真実などを信じない。
人間的学問は、自然や、創造の掟の全ての価値よりも、
自己欺瞞の中で、人を高慢にする。
人間は誤った、この憐れむべき人知を信ずる。それは、礼拝宗教の間違った教えと、人間の掟の規定と、国を支配する、組織を通じて生れたものである。
人間は、創造の側から、自分の本質に気付くのを忘れ、やむなく、外部の資質によって、自分の人生を送っているのである。
彼は、偽りの手段を取って、人間仲間と、全世界を惑わすだろう。
信頼がまだ残っているなら、彼は不信と不真実に迷うだろう。
そして益々人は、真実に生きることから程遠くなってしまう。
人は創造の一部だから、人は生きる為に、全てのものの尺度となるという。古い知識の原則は、消え失せてしまう。
人が改心し、再び、生命の無限の価値を、見出さねばならない時がやって来る。
人間は、地上だけに住むのではないこと。その霊は、別の世界にも住んでいること。しかし、普通の心では、それは理解できないこと、等について、初めは、僅かな人々が知るだろう。
別の世界は、霊の真実の故郷であり、知恵の拡充と、深みに達する故郷である為、それは絶えまなく、深し求められているのである。
この真の故郷で、霊は完全なものとなり、高いものとなり、創造と一体となる。
まことに私は言う。この教えの知恵を理解し、認識を深める者は、自分が、創造の無限の進歩の定めに、
正しく生きるという、責務を負っていることに気付く。
転載終了。
36章にて終了。
正確に理解するにはドイツ語の併記版出版物にて確認下さい。
出版本購入先
FUJI日本
関連思いつきのログ



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000126671/p11547275c.html
健康 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
脱北者の手記 パク・ヨンミさん
短下肢装具 東名ブレース
チャネリングレポート 16-8  2010年
  1  |  2  
このブログトップページへ
こうそイメージ
酵素風呂2006年開業。
2012年脳出血にて片麻痺
酵素風呂の作業が出来なくなり休止中です。
のんびり田舎で障害年金生活。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
今日 合計
ビュー 13 5227
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク