出土状態の秘密

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nagoya.areablog.jp/a19380312

旧石器?それとも縄文? 岩手県碁石遺跡

三陸海岸有数の観光地である碁石海岸。

この地名の由来は波に洗われて丸くなった黒石が、付近の海岸で取れることにあるという。

この石は頁岩で、組織は緻密で硬いため、石器の石材として長い間用いられた。

碁石遺跡は、その頁岩を使って石器製作を行った場と考えられている。

石をたたき割るのに使用されたと思われる叩き石が多く出土している。


また、他の遺跡からはあまり見ることのない楔型石器も多数出土している。


今のところ、縄文時代の土器や石器は検出されていないため、旧石器時代の石器製作遺跡と考えられてきた。

しかし、北海道白滝、大阪二上山などの石器製作遺跡と比べて、完形の石器、製作途中の石器が見つかっていないため、旧石器時代と決めつけるには不安との考えもある。

出土している叩き石を縄文時代の叩き石と比較したらどうだろうか?




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11628821c.html
石器 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

旧石器時代 北海道美利河T遺跡

この遺跡でも接合資料は確認されている。


石器を作る前の原石に近い状態まで復元できているものもあり、遺跡を残した人がどの程度の大きさの石を選別していたかを理解できる貴重なものだ。

 
遺跡は北海道としてはめずらしく、層位的に石器が出土した稀有な例だという。

以前紹介した白滝遺跡の場合も、層位を意識して発掘はされていた。

しかし、接合作業に携わった人から聞いた話では、出土位置の深さが1Ⅿ以上も違う石器がつながることがあったという。

地質学などの先生によると、周氷河現象というやつのせいで、長い時間をかけて石器の位置が上下左右に動いてしまったためだという。

じゃあ、ピリカは大丈夫?

不安は残るものの、門外漢過ぎてわからず。

とりあえず層位ごとになにが出土したか確認してみよう。

最も下の層からは峠下型細石刃核と荒谷型彫器
 


 

その上の層から出土した札滑型と峠下型の特徴を持った細石刃核と玉
 

 

さらにその上の層から出土した有舌尖頭器・大型石刃
 
※他に広郷型細石刃核も出土

細石刃とか、細石刃核とか…

難しい言葉だが、細石刃とは旧石器時代の終わり、日本列島に登場する石器である。

幅が5o、長さが4pとか、非常に小さい石器。

細石刃核とは、その細石刃をはぎ取るためにつくられた石器である。
 
細石刃ができるまで
 
細石刃核をつくるための石を採取する。

石の断面が楔にように、とがる形状になるまで石をはぎ取り(T)、縁辺に平坦面をつくるため一撃を加え(U)、さらに縦に細石刃をつくるための一撃を加える(V)。
細石刃のはぎ取り準備は終わる。はぎ取られる石器を細石刃核と呼んでいる、っぽい。

旧石器時代の石器は無造作に作られたわけでなく、かなりシステマティックな技術に基づいて行われていたことがわかる。

これも接合資料によって判明した。

その細石刃核のタイプが、峠下型・札滑型・広郷型である。

北海道は、細石刃核のタイプが多く確認されている。

細石刃の文化はシベリアから北海道を玄関口に広まったルートと、中国から九州を玄関口に広まったルートの二つがあると考えられていると習ったことがある。

大陸に近いから北海道ではさまざまなバリエーションが発生する要因になったか?

それとも時間と共に変化したものか?



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11626916c.html
石器 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

旧石器時代 岩手県垰山牧場T遺跡

ここの遺跡では、うらやましいことに石器を含んだ地層が7枚も確認されている。
第一文化層が最も古いので、古い順から追ってみよう。

第一文化層 台形様石器 
第二文化層 台形様石器





   
第三文化層 ナイフ形石器・彫刻刀形石器

第四文化層 ナイフ形石器・彫刻刀形石器・石斧

第五文化層 ナイフ形石器・彫刻刀形石器・尖頭器


  
第六文化層 細石刃・細石刃核
  


第七文化層 有舌尖頭器・局部磨製石斧

ちなみに第三文化層からはペンダントらしきものが出土している。
  


時代が新しくなるにつれ、台形様石器→ナイフ形石器・彫刻刀形石器→細石刃と変化を追えるだけでなく、道具の種類が増え、組み合わせにも変化が生じるなど、歴史的変遷をたどれた。



なおこれらの石器は2万7千年前から1万2千年前とされている。

つまりこれらの変化は1万5千年かけて起きたこと。

今のような変化の激しい時代とくらべたら、その変化ペースは遅い。

現代人に彼らの変化を説明することはできるだろうか?



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11626275c.html
石器 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

旧石器時代 岩手県大台野遺跡

この遺跡では合計五枚の地層から、旧石器時代の石器が確認されている。

こうした事例は、石器の変化を把握する根拠にも成るので助かる。

報告書を見ていないが、自分の入手した資料によると、各層から次の石器が出土している。

Ta文化層(約1万3000年前)

石核 細石器

Ua文化層(1万6000年前)
    
ナイフ形石器

Ub文化層(1万8000年前)
      

   


 


ナイフ形石器と雲母鉄鉱

同じくUb文化層で2万6000年前 ※でも年代の根拠はわからず

  



 

    
台形様石器

教科書で旧石器時代の記述は少ないけれども、約1万3000年の間に、彼らの使用した道具が、長い時間をかけて変化したことがよくわかる。

台形様石器が古く、その次にナイフ形石器、細石器と変遷したことが、層位的に確認できている。

この変化の背景になにがあったか?

道具を変化しなければならない事情とは一体何だったのか?

使い慣れた道具を改革し、新しいものを生み出すきっかけはなんだったのか?

現代に重ね合わせて考えると、洗濯板から洗濯機へ、さらに様々な機能を付加させた洗濯機を開発する。

この変化の背景には、商業主義的な考えがあり、変化は数十年。

それに比べて旧石器時代における石器の変化する幅は、現代の倍以上ある。

彼らのペースは現代人には理解しがたいペースだったことは間違いない。

さて、この遺跡からは旧石器時代の遺構と思われる、柱穴を伴う竪穴状の遺構と、雲母鉄鉱とよばれるものを検出した穴も確認されているとのこと。

大変興味深いものの、報告書はまだ未刊であるとしている。

原因は金らしい。

ここまで重要な遺跡なのだから、もうちょっと大きく取り上げてもよさそうなのだが…




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11622121c.html
石器 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

旧石器時代 北海道増田遺跡


昔、遺跡を覆う土砂について次の話を聞いたことがある。


旧石器時代は火山の噴火が絶えず、地域によっては火山灰が1メートル以上堆積した痕跡が認められている。

だから、石器は火山灰の地層から出土する。

その次の縄文時代以降は、火山活動は活発ではなく樹木は生い茂っていた。

だから土器・石器などは黒色の土層から出土するし、旧石器時代の遺跡は、縄文時代の地層よりも深い位置から出土する。


でも、ここの遺跡のように土砂の堆積が、きわめて浅いところからみつかる場合もある。

メカニズムは門外漢だからわからない。


遺跡は、風通しの良い山間部にある。

山登りをしたことのある人なら経験があると思う。

平野とくらべ、威力の強い風に当たっていたから土砂の堆積は遅かったか?


仮にここで耕作作業を行っていたら、石器はたちまち地表に巻き上げられてしまい、出土状態の確認どころではなくなる。

…といっても、遺跡の発見というのは、未開発の土地で偶然みつかる場合がほとんどだけれども。


北海道白滝の赤石山(黒曜石の露頭のある)附近を歩いていたら、偶然石器を見つけることがある。


個人で収集している人もいるだろう。

そうした人の一部が、考古学者という誤った道にはまり込んでしまう。

周りにいる人は、最近様子はおかしくないか、挨拶の声掛け、注意が必要だ。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11602292c.html
石器 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

旧石器時代 岩手県金取遺跡

遺跡から見つかった石器は5万年前のものと考えられているようだが、違う意見もあるらしい。



3万年以上も前のものとしたら、中期旧石器とか前期旧石器など人類の遺した古い石器である。


ちなみに、十数年前、やたらと古い石器許見つけてきたが実はすべてねつ造だったという大事件が起きた。


ここはねつ造で有名な藤村某のかかわった遺跡ではないらしい。


石器以外に、火で焼かれた礫、木炭片もみつかっており、キャンプ地であったと考えられている。


写真の石器は石斧(左)と石核(右)と紹介されている。


ヒトが石を剥ぐと、貝殻のように丸みを帯びた形で石がはぎとられるため、石器表面にもおなじような形をした面がのこされる。


左はその特徴がみられる。


でも右のほうはどうなんだろう…?


人為的にはぎ取ったようにも見えるし…、自然に破砕したようにも見えるし…


個人的にはなんか微妙な印象を受けました。


実物を見ていないので、何とも言いようがない。


手に取ってじっくり観察してみたいけど、残念ながら一般の人間にさわらせてくれるほど埋蔵文化財にかかわる人間は、寛容ではない。


数日前学芸員はがん、という発言があったが少し同意しました。


あれはできない、これはできないばかりいって、話を前進させる気ゼロでしたし。


旧石器研究のよくない話ばかりで申し訳ないが、捏造発覚前、少しでも石器に文句を言ったら石器を見せない、という風潮があったと学界の人から聞いている。


学生ですら、大学の研究機関・著名な教授の紹介文が必要とか、手続きが煩雑。


世間からみたら閉鎖的な姿勢が続いている。


この姿を知って埋蔵文化財にがっかりして去っていった者は多い。


さて、旧石器ねつ造事件で責任を取って辞任した大物はほとんどいない。


文化庁から奈良の某機関に天下った人、そのまま研究者として大学に寄生し続けた人などなど…。


捏造事件の騒動中、九州で実績を積まれた賀川先生が自ら命を絶たれた。


自分のかかわった遺跡の信ぴょう性を疑われただけでなく、遺跡の捏造までやったと雑誌で書かれ、それに抗議する覚悟の自殺だった。


責任感の強い人だったのだろう。


あの悲劇から十数年たつが、今も先生の冥福を祈っている。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11596090c.html
石器 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

弥生時代 大阪府池上曽根遺跡

いままでみたことのない文化が、次々と大陸から押し寄せてきた弥生時代。

でも土掘りで使う斧、戦争に使う鏃など生活の主体となる道具の材料は、縄文時代とかわらず石で製作されていた。

旧石器時代のごとく、石の貯蔵跡らしいものもみつかっている。

高床式建物の前から、東西に3基並んで見つかった。

二上山に近いからだろう、石材はすべてサヌカイトだった。




旧石器時代と違い、石材を居住区域に持ち込んで石器を製作したようだ。

なお、この遺跡は、弥生時代を研究している人の間では、日本有数の大規模環濠集落として著名である。

板付遺跡、登呂遺跡、吉野ケ里遺跡、そして池上曽根遺跡から出土した遺物・遺構を知っていれば、一定の弥生通になれる。

でも考古学の研究者になることは、死んでもお勧めできない。

諸先輩の多くが還暦前に亡くなっている…


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11595491c.html
石器 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

旧石器時代 北海道上白滝2遺跡

旧石器時代を研究している人なら一度は耳にする白滝群遺跡。

範囲はあまりにも広いので、上白滝2遺跡だけ紹介する。

遺跡の北に位置する赤石山は、黒曜石の露頭が複数見られる。



この周辺では、近いからだろう黒曜石で作られた石器が大量に見つかっている。

写真を見てもわかるように、十数センチ掘っただけで石器が出てくる地点がある。


出土する遺物の多くは、石器製作時に発生する剥片・石屑である。

石器の出土状態を示す写真も多く取られている。






多くはまだ使えるだろうと、思ってしまうほどきれいな状態で出土する。








まるで大阪府の翠鳥園遺跡の石器製作跡と同じ状況である。

石器の使い方の研究も大事だが、なぜこうした状態で見つかるのか?

実はよくわかっていない。

出土する石器ひとつひとつに物語があるはずだが、製作されてから何を経験し、この地に落ち着き埋没されていったか?

難しい作業だが、警察では事件現場の遺留物などから、そうした追跡捜査は行われる。

ここでも剥片をつなぎあわせ接合資料がいくつも完成した。

小さい石器を作るため、大きい原石を惜しみなくガンガン剥いで製作していたようだ。

この気の遠くなる作業は、この道十何年というベテランのオバチャンたちだった。





仕事内容に見合っていない薄給でやっていることはあまり知られていない。

さらに正社員でもないため、技術の伝承に時間をかける余裕もない。

この道をめざそうと考えている人には申し訳ないが、今後埋蔵文化財に関連する投資は減り、採用人数も減り、雇われたとしても不安定な有期雇用がほとんどを占めるだろう。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11595485c.html
石器 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

旧石器時代 大阪府翠鳥園遺跡

西日本の旧石器時代の遺跡からは、サヌカイトと呼ばれる石材で作られた石器が多く出土する。

サヌカイトは二上山で採取される。

遺跡は、二上山から5キロほど離れた地点から、ここの石材を利用した石器製作遺跡が発見された。




大小40ヶ所近くの石器集中地点が確認されている。

極端なケースとして、千点以上の石器が厚さ20pの堆積した状態で見つかっている。

出土していない空白部分に人がいて石器製作をした。

その結果石の屑や破片が放射状に広がった。

このように考えられているようである。

石器製作後は、遺跡から他の場所へ移されると考えるのが自然である。

しかし、ここからは刃の鋭いナイフ形石器やスクレイパーなど、石器が2万点以上もみつかっている。

まだ使えそうなものばかり。

並んだ状態で見つかったものもある。


これは、偶然の産物か、それとも人為的なものか?


人為的だとしたら、製作後に並べて、この地を去ったことになるが、どんな理由があったのだろうか?


現代の製造業の現場でも、まだ使用できるものを廃棄することがある。

試作品だったから、型落ちであったから、計画変更のため必要なくなった、在庫はいらないからは遺棄せよと上司からの命令など、理由は多岐にわたる。

現代社会の事情を旧石器時代にあてはめるのは不適切だろうと考古学者は言う。
でも、彼らが使える石器を廃棄する理由も多岐にわたったのではなかろうか?



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11590391c.html
石器 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

古墳時代 岩手県岩崎台地遺跡群

古墳時代にも石器あり。

東北地方では、鉄器の普及は遅れたこともあって、石器は古墳を作られる時代も使われていた。

この遺跡から発見された古墳からは、副葬品と思われる石器が出土している。




ただし、普通遺跡から出土する石器と違って、ボロボロに風化した面のある石で作った石器を副葬している。

旧石器(といっても後期)・縄文・弥生で見つかる石器の多くは、風化した面をのこすことはあまりない。

石器製作中に廃棄されている。

生きている人間と死んだ人間とでは、使う道具は違うと認識していたのだろうか?

ちなみに、古墳からは土器類も副葬されている。





種類は、他の地方でも古墳の副葬品として、もしくは濠から出土する土器と変わらない。

古墳時代の要素がある一方、古い伝統を残しているあり方は、この地域が西日本とは異なる時代背景を経ていたことを示している。

古墳時代においても、日本列島は一律に変化を共有していなかった。

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11586739c.html
石器 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
soraイメージ
注意!
非常にマニアックなブログです。
タモリ倶楽部でもやりません。
旧石器とか縄文など、教科書で習うけど、ほとんどの人は興味なく、聞き流すだけで終わると思います。遺跡に行っても、だいたいは看板があるだけ。古墳は草木が生い茂っている山にしか見えない。面白いのは、ものが出てきたほんの一瞬だけ。全国には何万と遺跡はあります。その中から独断と偏見で、「出土状態」を紹介していきます。なお専門家ではないので悪しからず。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 14 2090
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク