出土状態の秘密

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nagoya.areablog.jp/a19380312

縄文時代 北海道静内16遺跡

環濠は弥生時代だけではない。

北海道では、縄文時代の遺跡からも、環濠は見つかっている。


写真をみると竪穴跡が2軒確認されたらしい。

調査員によると、この竪穴は炉もなく、柱穴は不明瞭だったとかで、住居であったとは思えないという。

ここでは載せないが、この環濠の西側から同時代と考えられる集落跡が見つかっている。

この集落に住んでいる人が、環濠を掘った。

環濠内の竪穴は住居ではなく、神聖な祭りを行う場という解釈でケリがついているようだ。

またマツリとは、いつものパターンだよ、と思った人はいるだろう。

でも今と違って文書による資料とかは遺されていないから、これ以上深入りできない。

この姿を見て、縄文人が何を考えこれを造ったか、想像してほしい。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11596093c.html
環濠 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

弥生時代 神奈川県牢尻台遺跡

弥生時代は集団と集団とが争う時代だった。
敵の攻撃から守るため、村の周囲を環濠という深い溝でめぐらせていたと習った人はいるかと思う。


環濠にそうした機能はあったことは疑う余地はない。

横浜市大塚遺跡 赤は焼かれた形跡のある竪穴建物跡 水色は環濠

でも、防御的な性格だけで説明できない発見もある。
牢尻台遺跡の環濠から、貝殻が大量に発見されている。

この遺跡だけなら特殊な例として片づけれそうだが、私の近所にある見晴台遺跡の環濠からも、貝殻や土器・石器が覆土から見つかっている。

環濠は防御だけでなく、生活ゴミを廃棄する場でもあった、という解釈をする余地も残されている。

こうしたことは学校で教えてくれない。
教えたところで金にもならないし、単なるトリビアにすぎないからか?

横浜市歴史博物館常設展示案内 1995



弥生時代 環濠
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11584562c.html
環濠 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
soraイメージ
注意!
非常にマニアックなブログです。
タモリ倶楽部でもやりません。
旧石器とか縄文など、教科書で習うけど、ほとんどの人は興味なく、聞き流すだけで終わると思います。遺跡に行っても、だいたいは看板があるだけ。古墳は草木が生い茂っている山にしか見えない。面白いのは、ものが出てきたほんの一瞬だけ。全国には何万と遺跡はあります。その中から独断と偏見で、「出土状態」を紹介していきます。なお専門家ではないので悪しからず。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 42 927
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク