出土状態の秘密

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nagoya.areablog.jp/a19380312

古墳時代 岩手県上餅田遺跡

ここから検出されている住居のプランは、方形、四点の柱穴、かまど。
古墳時代にはよく見られる例なのでそう珍しくはない。




発掘調査の範囲からは、古墳時代から平安時代にいたる竪穴住居跡が見つかっている。
古墳時代 半弧状に配置。
奈良時代1 北に密集。みんな何となく同じ方向を向いている。
奈良時代2と平安時代 南へ移動。



不思議なことに全く重複しているように見えない。
他の同時代の遺跡では、重複例はいくつも見ているので、この光景は不気味に映ってしまう。
完全に埋没していなかったから、こうした奇跡がおきたのだろうか?

それとも重複は、避けなければならないタブーだったのだろうか?

三河地方のとある地域では、死人の出た家のそばに家を作らないという習慣があった、と聞いたことがある。

その習慣は古墳時代までさかのぼる、わけないか…。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000234300/p11602326c.html
建物跡 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
擦文文化 北海道K499遺跡
縄文時代 重複を続けた住居
弥生遺跡 静岡県登呂遺跡
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
soraイメージ
注意!
非常にマニアックなブログです。
タモリ倶楽部でもやりません。
旧石器とか縄文など、教科書で習うけど、ほとんどの人は興味なく、聞き流すだけで終わると思います。遺跡に行っても、だいたいは看板があるだけ。古墳は草木が生い茂っている山にしか見えない。面白いのは、ものが出てきたほんの一瞬だけ。全国には何万と遺跡はあります。その中から独断と偏見で、「出土状態」を紹介していきます。なお専門家ではないので悪しからず。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 7 2587
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク