隠しカメラ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://nagoya.areablog.jp/hamimelon

電話ジャマーについて

携帯電話等の普及とともに、劇場やコンサートホール、会議室・教室などで 着信音が迷惑を与えるという事例が後を絶ちません。 また、近年では、公演画像・動画の無断配信やデータ漏洩事件が発生しており、 今までの「通話・メール発着信防止」に加え「犯罪防止」、「情報漏洩防止」といった ニーズの高まりを見せています。 このようなニーズにお応えするのがモバイルストッパーです。

そこで登場するのが携帯ジャマーなのである。
マナーを守らない携帯電話使用者に対して、無言で、しかも匿名性を保ちつつ、注意を促すのである。

天下の朝日新聞も最近この携帯ジャマーについて取り上げている。
やっと社会的にその存在と有用性が認められてきたということであろう。

携帯電話やPHSなどの通信機器の急激な普及により利便性が向上した一方で、劇場やホールなどの静粛な雰囲気が求められる空間において、通信機器の着信音や通話による騒音が社会問題になっています。ですから、通信電波やレーダーを妨害すること「Wi-Fi電波妨害」と呼ばれる装置を検討される方が増えてきています。




自動車運転中の携帯電話やスマートフォンによる通話・メールは危険を招く恐れがあり、多くの国で法律によって禁止されています。アメリカの多くの州でも運転中の携帯電話の使用に罰則が設けられています。携帯電話ジャマーは話したくない相手との通話中、相手に気づかれずに切ることができます。公共施設や喫茶・飲食店、そして旅行先などで、ちょっと静けさが欲しい場合にいちばんでお勧めです!

バチカン市国では、2005年以降のコンクラーヴェにおいて、社会のIT化や携帯電話の小型軽量化・Twitter・盗聴技術の発達などの理由から、情報漏洩対策として、聖マルタの家とシスティーナ礼拝堂において、コンクラーベ史上初めて、強力なジャミングによる情報統制が行われた。これ以降、2013年のコンクラーヴェでも強力なジャミングが実施されており、そのジャミングの強さは携帯電話のみならず、放送電波まで切断する程の影響を与える強さである。
中華人民共和国の全国普通高等学校招生入学考試(いわゆる大学入学試験)では、無線通信装置を使ったカンニング防止のために「試験会場全体に対するジャミング」を実施している。

電波妨害装置はコンサートホールや劇場、図書館、銀行のATM、大学、喫茶店などで設置されています。振り込め詐欺において、詐欺師が、金を騙し取ろうとする相手をATMまで誘導し、携帯電話やPHSで通話しながらATMを操作させ、振り込ませるという手法があり、振り込め詐欺の被害を防止するために、ATMコーナーに設置されたり、大学入試問題ネット投稿事件を受け、不正行為防止の対策として導入を検討する大学が増加しています。

また警視庁は運転免許試験の不正行為防止の為に府中運転免許試験場の学科試験室に設置したそうです。



妨害器

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://nagoya.areablog.jp/blog/1000271474/p11765998c.html
妨害機 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
携帯電波妨害装置
WIFIジャマーについて
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
隠しカメラを紹介する
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 8 121
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[横浜] 鶴見分区園

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード